« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月14日 (金)

近鉄1810系

さて、次は近鉄電車の(1810系)です☆

1967年登場の通勤型電車。
名古屋線の普通のほか、早朝・深夜に大阪線の東青山~伊勢中川の普通(通称‥青山ローカル)で運用されてます。

電算記号は(他社で言う編成記号)は(Hで)2両編成が5本在籍しています。

車体は同時期に製造された奈良線の8400系のものと同等で、車体間の貫通路も幅が広いものになっている。

(ただし、車体は裾絞りのない狭幅ストレート車体です)

1991年に冷房化と車体更新が行われ、内外装の張替え、方向幕の設置が行われた。

しかし、抑速ブレーキは未装備のままである。
よって、運用の西限は東青山であり、そこから西に営業運転されることは無い。
結局、奈良線の8600系に相当するような「最初から冷房付き」の車両はこの1810系やその派生からは製造されず、大阪線との車両転配をスムーズにするためにも、冷房装備で登場したのは抑速ブレーキを装備した「2800系」であった。

現在廃車が進行中であり、どんどん数を減らしている…
同時期に製造された大阪線の「2410系」「2430系」にはほとんど廃車が出ていないにも関わらず「1810系」に大量の廃車が出ているのには抑速ブレーキの有無によるものではないかと思われる。

基本データ

最高速度‥110Km/h

運転線区‥大阪線・名古屋線・山田線・鳥羽線など。

元運用線区‥湯の山線

こんな感じです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近鉄2000系について

さて、久しぶりに近鉄を投票です☆

2000系は1978年に登場した通勤型電車で、3両編成で製造されました。

2107fにはトイレが設けられているが、現在は基本的に急行運用には入らない…←1ヶ月に2回くらいは、急行運用で入ってくれ☆まぁ無理か‥

この車両の電算記号は、(XT)です。

第1・第2・第7編成以外は鈴鹿とか湯の山線用のワンマン運用の改造車両であり、2444系の誕生でワンマン運用は減少と名古屋線運用が増加したものの、やはり支線の主といった感が強いですね。

また、2編成が三重県四日市市にある企業のコンサルタントラッピングの広告車両になって走ってます。

製造時には2430系の代走として大阪線運用をこなした事があるが、全車が名古屋線に在籍しています。

基本データ

最高速度は‥110Km/h

主な運用線区‥名古屋線・鈴鹿線・湯の山線。

元運用線区‥大阪線。

こんな感じですね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

とあるびっくり車両

とあるびっくり車両
とあるびっくり車両
とあるびっくり車両
この車両を知っている人は多いと思います。
九州地方で散らばって走っているDC220です。塗装、片方のライト点灯とかいろいろいじくりました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州?のライト点灯化

九州?のライト点灯化
九州?のライト点灯化
九州?のライト点灯化↑こんな感じ。
今回は片方しか付かない九州の車両をもう片方の点灯化に挑戦しました。

まず、余っている集電板を曲げて重りの下敷きにさせたら終わり~
意外と簡単です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

223系2000番台について

さて、次は2000番台ですね。

223系2000番台は平成11年(1999年)3月29日にデビューと営業運転開始しました。
増備車両は平成11年(1999年)5月10日ダイヤ改正実施。
その時から新快速は130Km/h運転開始。

1000番台と同じく2000番台も軽量ステンレス製です。

VVVFインバータ制御システムでWPC10です。

主電動機はWMT102B(220kw)です。
台車はWDT59とWTR243です。

冷房装置は、WAU705A(20,000Kcal/h×2)です。

パンタグラフはWPS27Dです。

電動空気圧縮機はWMH3098-WRC1600です。

補助電源はVVVFと一体型(150kVA)です。

座席は,転換クロスシートと固定クロスシートです。

自動解結装置,扉半自動設備(押ボタン式)を装備。

半自動設備は,冬季,車内保温を保つ為,北陸本線の米原~長浜などで使用。

クハ222に車椅子とトイレ設備アリ。

窓は、日差しカット効果58%のUVガラスを採用。窓カーテン廃止。
また、車端ホロを設置。

なお、窓カーテンは平成13年度中に取り付け工事を実工,対象車両完了。
平成15年度落成車両は新製時に装備。

W38編成 試験的にHIDランプ式標識灯装着。

この車両は平成12年(2000年)3月11日から、新快速130Km/h運転開始

223系2000番台は以上です。

さて次は何紹介しようかな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

223の機能・機類にて

さて、次は機類とか機能ですね(笑)。
まずは、223系1000番台から~

まず、223系1000番台が営業開始した日 それは平成7年(1995年)8月12日に営業開始しました。
後、1000番台の増備車両は平成9年(1997年)3月8日から運用改正を実施。
次は機類です。

223系1000番台は軽量ステンレス製です。

VVVFインバータ制御システム(WPC 7)です。
主電動機は、WMT102A(220kw)
冷房装置は、WAU705(20,000Kcal/h×2)=クモハ223系・モハ223系と
WAU304(20,000Kcal/h×2)(セパレート式)=クハ222・サハ223です。

パンタグラフはWPS27Dです。

座席は,転換クロスシートと固定クロスシートです。

自動解結装置,扉半自動設備(押ボタン式)を装備。
半自動設備は,冬季,車内保温を保つ為,北陸本線を米原~長浜などで使用。

クハ222にトイレ設備アリ。

車間ホロ取付は1000番台のみが対象。

223系1000番台についてはこれだけです。

次は、223系2000番台を紹介します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

223系何番台の呟き

まず、皆さん223系の何番台あるか知ってますか。
まずは…0番台・100番台・1000番台・2000番台・2100番台・2200番台・2300番台・2500番台・3000番台・5500番台・6000番台・7000番台などなど色々あります。

皆さんも初めて聞く番台も幾つかあったと思います。

いろいろな番台を探すのも一つの楽しみですね(笑)。

次は、223系の機械類など紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

1日の終わりの終夜臨


年を明けたら!鳥羽から五十鈴川から伊勢中川に移動!

そこから桑名に移動!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終夜臨4

終夜臨4
終夜臨4
終夜臨4
朝熊から鳥羽に移動晙

鳥羽に到着蔲

横に特急が…

見ると(チラ)Vの更新車じゃん!しかも方向幕がLEDバージョンの車両やん!
そのまた横にVW40晙しかも明星行き(笑)

ビックリΣ(・д・ノ)ノ


5へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終夜臨3

終夜臨3
終夜臨3
終夜臨3
終夜臨3
五十鈴川に到着晙

快急のシリーズが来るのを知って来るまで待ちました。

にしても晙

寒い!!!!

寒すぎる!!!!

やはり、寒い所は寒い…

そして、快急がきました瀅瀅瀅瀅

来たら晙びっくり!

シートがクロスじゃなく、ロングでした。

ビックリΣ(・д・ノ)ノ

良くロングで五十鈴川まで来ましたな(←コラ!)

この後、朝熊の無人駅で30分待ちです。…

寂しいです…


4へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終夜臨2



続いては、鶴橋 

結構、雪が屋根に付いたり、前面に付いたりしてテンションが上がりました(笑)


3に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終夜臨1

終夜臨1
終夜臨1
終夜臨1
終夜臨1
まず最初に大阪上本町で撮影。(フリー切符買うために行ったんだけど)

上本町に着いて切符を買ってまず7番線晚に16時発のVW21がっw河内国分行きに運用してました(笑)

2に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます

去年は色々とありましたね(笑)

今年は良いことがあると良いですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »